近年、太陽光発電設備の電力系統への連系が増加しており、
電力の需給バランスを安定させるには、太陽光発電の出力予測が必要となります。
そこで気象工学研究所では、衛星画像を活用し、
「太陽光発電出力予測システム アポロン」を開発しました。
アポロンにより、日射量計が無い地点においても日射量を推定でき、
さらには、数時間先までの日射量および発電量の予測が可能となります。
アポロンを通じて、電力の需給バランスの安定化に貢献します。

学会等にて、各種表彰を頂いております。
・太陽エネルギー学会 奨励賞・伊藤直明賞→ 表彰状
・電気科学技術 奨励賞(オーム賞)→ 表彰状など
・電気学会 電気学術振興賞(進歩賞)→表彰状など
・新エネルギー財団 新エネ大賞→ ポスター    表彰状など



@衛星データを活用し、日射量を推定

A上空風による移流予測から、日射量を予測

B日射量から発電量への変換も可能



@日射量推定

・衛星データを用いているので、日射量計を設置していない地点でも日射量推定が可能

・雲種に応じて日射量推定値を補正

A日射量予測

・雲分布を上空風によって移流予測

・雲の高度に応じて、使用する風の高度を適宜変更

・上空風の予測値は、数値予報モデルWRFにて計算

B発電量への変換

・太陽光発電の設備量分布を用いることで、日射量を発電量へ換算

・メッシュデータであるため、エリア平均の発電量も算出可能




【アポロンはカスタマイズが可能です!】

・お客様に応じた設定で推定・予測計算を行います。(計算範囲、予測時間 等)

・お客様のご要望に応じた形で情報を提供します。

(例:30分毎に数時間先の予測を表示するWEBページを作成)


 ●費用等、お問い合わせはこちら e-mail



Copyright (C) MEC, INC. All Rights Reserved. A photograph and other reproductions are forbidden.