特定地域に大雨をもたらし、多大な被害を与える集中豪雨や局所豪雨。
地球温暖化現象の影響により、近年、降雨は大きな災害にむすびつく
要素を高めています。気象工学研究所では、ハイブリッド降雨予測シス
テムを新開発。集中豪雨・局所豪雨など、突然で猛烈な降雨の予測精
度を向上させます。 (特許第3851641号)
2004年2月、オーストラリア・メルボルンで開催された国際レーダー学会においても大きな話題をよびました。


降雨予測には「運動学的予測」と「物理的予測」があります。運動学的予測は3時間以内の予測に有効で、
物理的予測は6時間以上先の予報が高精度です。両者の得意範囲にはさまれた3〜6時間は「予報の谷間」
といわれ、予測の有効性が低くなる傾向にあります。ハイブリッド降雨予測は、対象地域の特性を加味した
うえで運動学的予測と物理的予測を最適に融合。6時間先まで、精度の高い雨量予測を提供します。







ハイブリッド降雨予測と従来予測の精度を比較した結果、全般的にハイブリッド降雨予測の方が
好成績を納めました。







予測対象地域の降雨特性・地形特性などを予測
システムに取り込み、それぞれの地域に特有な
雨の発達・衰弱を予測することにより、高い精度
の降雨予測を可能にしています。
6時間後までの予測が可能なうえ、運動学
的予測と物理的予測の合成により「予報の
谷間」もカバーするので、精度の高い降雨
予報を発信します。







予報の更新間隔は10分ごとと、従来の降雨予報を
はるかに上回る頻度。リアルタイムの情報を発信す
ることで、予報の精度をさらに高めます。
予報の単位は1.0km四方ごと。
まさにピンポイントで知りたい地域の降雨予測
が把握できます。

Copyright (C) MEC, INC. All Rights Reserved. A photograph and other reproductions are forbidden.