夏場の高温かつ多湿な環境では、熱中症が引き起こされ、生命に危険を及ぼす恐れがあります。
熱中症予防のための指標として、
「WBGT(Wet-bulb Globe Temperature:湿球黒球温度)」 があります。
WBGTを知ることで、熱中症の危険性があるかどうかの判断が可能となります。
気象工学研究所では、京都大学防災研究所で開発された
リアルタイム気象予測&表示システムをカスタマイズし、近畿圏のWBGTを
ピンポイントに予測するシステム「サーミアン」として提供します。
より正確なピンポイント熱中症予測が可能となり、熱中症の予防や皆様の健康管理に貢献します。




※0.5kmメッシュの詳細な情報をご覧いただけます。



※2.5kmメッシュの情報をご覧いただけます。


気象工学研究所ではWBGT値を以下の通りに区分し、熱中症指数として表示します。


※熱中症の発生には個人差があるため、本予測システムでは、あくまで気象予測の観点から
熱中症予測を実施致します。その旨ご理解をお願い致します。



※本予測システムでは、上記の表を参考にWBGT値を決定しています。






Copyright (C) MEC, INC. All Rights Reserved. A photograph and other reproductions are forbidden.