夏秋季における台風の接近など、いわゆる『強風災害』は、
建築物や農作物、また人・スにも大きな影響を及ぼします。
また、クリーンエネルギーの代表である風力発電は
その日の風力に応じて発電量が大きく変化します。
気象工学研究所では、京都大学防災研究所で開発された
リアルタイム気象予測&表示システムをカスタマイズし、
近畿圏の風向・風速をピンポイントに予測するシステム「ウィンドン」として提供します。
より正確なピンポイント風向風速予測が可能となり、
台風などの強風時における防災、また風力発電の計画や運営に貢献します。




※0.5kmメッシュの詳細な情報をご覧いただけます。



※2.5kmメッシュの情報をご覧いただけます。



Copyright (C) MEC, INC. All Rights Reserved. A photograph and other reproductions are forbidden.